餃子の祭典「クラフト餃子フェス」さいたま新都心 けやきひろばで10月5日~10日まで。30種類の餃子が集結

クラフト餃子フェス食のイベント
スポンサーリンク

クラフト餃子フェス SAITAMA 2022

2022年10月5日(水)から10月10日(月・祝)までの6日間、さいたま新都心 けやきひろばで「クラフト餃子フェス」が開催されます。

会場には、焼き餃子・水餃子・揚げ餃子・小籠包など約30種類の餃子が集結。
全国の餃子職人が作り上げる餃子を“クラフト餃子”というワードと共に発信します。

地元さいたま『餃子の宮でんでん』の「小江戸川越小籠包」は、川越の希少なブランド豚や埼玉県産の小麦を使用するなど、地産地消にこだわったメニュー。
ニンニクを使わない『餃子の専門店 福吉』の「味噌だれで食べる 京都九条ねぎの餃子」は、ごま香る味噌ダレとアクセントとなる九条ネギがやみつきに。

静岡県産の豚肉をベースに国産野菜をたっぷり練り込んだ旨みがジュワッと溢れる『うまいもん空海』の「遠州浜松餃子」や、栃木県の那須ロイヤルポークと産地直送の新鮮野菜をたっぷり使い、低温熟成させた極薄の皮が特徴の『宇都宮餃子館』の「健太餃子」 にも注目。

北海道・十勝産豊西牛と、北海道産の2種類のバターと味噌を使用した餡を包んだ皮に衣をつけて揚げた『餃子とワイン 果皮と餡』の「十勝産濃厚味噌バター牛カツ餃子」は、イタリアンのシェフが考案した揚げ餃子。
うどん店の新業態『餃子の花は咲く』からは、伊勢海老をふんだんに使用した餡を詰め込んだ「極上の伊勢海老餃子」が登場します。

また、食べやすいひとくちサイズが人気の『餃子の江原』の「肉肉餃子 8ケ入り」や、『博多八助』の「博多ひとくち餃子」は女性からの支持率が高いとのこと。

地元・長野の信州味噌を使った自家製甘辛タレが特徴の『じゃげな』の「信州味噌タレねぎ餃子」や、餡に練り込んだ和歌山県産レモンピールが爽やかに香る『京都餃子ミヤコパンダ』の「さわやかに香るレモン餃子」など、個性的な餃子もラインナップ。

餡にさっぱりとしたコラーゲンスープを練り込んだ『魯園菜館』の「爆弾餃子」や、背脂を練りこんだ『肉玉そば越智×浅草開化楼』の「謹製 旨味肉汁餃子」は肉汁好きの心をガッツリつかむ一品。
そのほか、餃子と相性の良い「クラフトビール」なども販売されます。

開催概要

名称:クラフト餃子フェス SAITAMA 2022
日程:2022年10月5日(水)~10月10日(月・祝)
時間:10:00~20:00(平日は11:00開場)
場所:さいたま新都心 けやきひろば
住所:埼玉県さいたま市中央区新都心10
入場:無料(飲食代別途。食券、電子マネー利用可能)
▼交通アクセス・最寄り駅
・JR「さいたま新都心駅」徒歩3分
・JR埼京線「北与野駅」 徒歩7分

感想・口コミ&写真

Twitterのリプライでいただいた「クラフト餃子フェス TOKYO」の感想・口コミなどを掲載しています。

◎平日でも椅子席は9割うまり、各店舗には20~50メートルの行列です。週末は凄そう。

関連サイト:クラフト餃子フェス

タイトルとURLをコピーしました