「台湾祭」横浜赤レンガ倉庫で7月22日~8月9日まで。夜市の屋台グルメが集結する台湾フェス

台湾祭 in 横浜赤レンガ 2021食のイベント
スポンサーリンク

台湾祭 in 横浜赤レンガ 2021

2021年7月22日(木・祝)から8月9日(月・祝)まで、神奈川・横浜赤レンガ倉庫 (横浜市中区)で「台湾祭 in 横浜赤レンガ 2021」が開催されます。
日本と台湾の交流をテーマに2017年から行われているイベント。

台湾祭の会場には、台湾各地を代表する“夜市グルメ”が集結。
名物の「炸臭豆腐(ザーチョウドウフ)」や「塩酥鶏(イエンスージー)」
九フン名物プニプニ餅肉団子「肉圓(バーワン)」、芋団子デザートの「芋圓(ユーユェン)」

台湾の駅弁として人気の高い「台湾鉄道弁当・排骨飯(パイクーハン)」、台湾の朝ご飯といわれる豆乳スープ「鹹豆漿(シェントウジャン)」、ネギの入った焼餅の「葱油餅(ツォンユーピン)」など台湾夜市で人気の屋台グルメが集結します。

スイーツもタピオカドリンクや、マンゴーをたっぷり使ったかき氷「芒果冰(マングォビン)」などが登場。
そのほか「小籠包(ショウロンポウ)」や「大鶏排(ダージーパイ)」「牛肉麺(ニゥロゥメン)」「魯肉飯(ルーローファン)」などの定番屋台グルメも並びます。
なお『神奈川版緊急事態宣言』中の開催のため、酒類の提供はありません。

会場は、台南の色鮮やかなランタンや夜空をイメージした装飾が施され、幻想的な風景なかで台湾各地の本格『夜市グルメ』味わえます。

また会場には、「台湾占い横丁」や、夜市の定番「ゲーム屋台」も出店。
さまざまな台湾文化を体感することができます。

入場には「特典引換券付き入場券」の購入が必要です。
横浜で、台湾各地の夜市料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。

開催概要

名称:台湾祭 in 横浜赤レンガ 2021
日程:2021年7月22日(木・祝)~8月9日(月・祝)
時間:平日 11:00〜20:00、土日祝 10:00〜20:00
場所:横浜赤レンガ倉庫 イベント広場B [地図:Google Map]
※雨天決行
▼交通アクセス・最寄り駅
・みなとみらい線「馬車道駅」徒歩6分
・みなとみらい線「日本大通り駅」徒歩6分
・JR、市営地下鉄 「桜木町駅」徒歩約15分
・JR、市営地下鉄 「関内駅」徒歩約15分

入場料

  • 大人
    800円 (パイナップルケーキ+トートバッグ+凍頂烏龍茶付き)
    1,200円 (ミルクパイン+トートバッグ付き)※数量限定
  • 小中学生
    500円 (パイナップルケーキ+トートバッグ付き)
  • 未就学児
    入場無料

感想・口コミ&写真

Twitterのリプライでいただいた「台湾祭」の感想・口コミなどを掲載しています。

◎入場特典のパイナップルおいしかった

◎ゆっくり食事したり遊んだりしたい方は夕方前から行くことをオススメします

◎並んだ分だけ美味しいグルメ食べられました

◎お菓子のサチマが美味しかった!どこかで見かけたら買いたい!

◎大雞排や麺線、蚵仔煎を頂きました!もちろん台湾ビールも

◎混んでくるけど夜行くのがおススメです

関連サイト:台湾祭

タイトルとURLをコピーしました