台湾フェス「東京タワー台湾祭 WINTER」12月3日~1月16日まで。夜市の屋台グルメが集結

東京タワー台湾祭21-22 WINTER食のイベント
スポンサーリンク

東京タワー台湾祭

2021年12月3日(金)から2022年1月16日(日)まで、東京タワー (東京都港区芝公園)で「東京タワー台湾祭21-22 WINTER」が開催されます。
日本と台湾の交流をテーマに2017年から行われているイベント。

東京タワーの屋外特設会場に、台湾各地を代表する“夜市グルメ”が集結。
台湾の朝ご飯といわれる豆乳スープ「鹹豆漿(シェンドウジャン)」や、揚げパンの「油条(ヨウティアオ)」。

ゆで卵の「卵茶葉蛋(チャーイエダン)」、名物の「炸臭豆腐(ザーチョウドウフ)」、QQ食感が特徴の「地瓜球(ディーグァーチョウ)」、九フン名物餅肉団子「肉圓(バーワン)」、唐揚げ「イエンスージー」、ホットドッグ「大腸包小腸(ダーチャンバオシャオチャン)」などが並びます。

また、ソウルフードの「麺線(ミェンシェン)」や、台湾の駅弁として人気の高い「台湾鉄道弁当・排骨飯(パイクーハン)」など台湾夜市で人気の屋台グルメも登場。
スイーツとして定番の「豆花(トウファ)」 、芋団子デザート「芋圓(ユーユェン)」なども味わえます。

そのほか「小籠包(ショウロンポウ)」や「大鶏排(ダージーパイ)」「牛肉麺(ニゥロゥメン)」「魯肉飯(ルーローファン)」などの定番屋台グルメもラインナップ。

台湾商材の物販ブースには、台湾雑貨、お菓子、飲料、調味料などバラエティー豊かな商品が並びます。

会場は、台南の色鮮やかなランタンや夜空をイメージした装飾が施され、幻想的な風景なかで台湾各地の本格“夜市グルメ”味わえます。

開催概要

名称:東京タワー台湾祭21-22 WINTER
日程:2021年12月3日(金)~2022年1月16日(日)
時間:11:00~21:00
※ラストオーダーは終了時刻の1時間前。
場所:東京タワー 屋外特設会場(南側駐車場)
住所:東京都港区芝公園4-2-8
※雨天決行
▼交通アクセス・最寄り駅
・都営大江戸線「赤羽橋駅」徒歩5分
・東京メトロ日比谷線「神谷町駅」徒歩7分
・都営三田線「御成門駅」徒歩6分
・都営浅草線「大門駅」徒歩10分
・JR山手線「浜松町駅」徒歩15分

入場料

  • 大人:800円
  • 小中学生:500円
    ※台湾ビールグラス+凍頂烏龍茶+ドリンク1杯 付き。
    ドリンクはビール、サワー、ソフトドリンクから選べます。
  • 数量限定特別特典プラン:1,000円
    ※台湾ビールグラス+パイナップルケーキ+漁師網バッグ+凍頂烏龍茶 付き
  • 事前予約限定 全日入場チケットプラン:1,800円
    ※全日入場券+台湾ビールグラス+凍頂烏龍茶+ドリンク1杯 付き
  • 未就学児:入場無料

感想・口コミ&写真

Twitterのリプライでいただいた「台湾祭」の感想・口コミなどを掲載しています。

◎入場特典のパイナップルおいしかった

◎ゆっくり食事したり遊んだりしたい方は夕方前から行くことをオススメします

◎並んだ分だけ美味しいグルメ食べられました

◎お菓子のサチマが美味しかった!どこかで見かけたら買いたい!

◎大雞排や麺線、蚵仔煎を頂きました!もちろん台湾ビールも

◎混んでくるけど夜行くのがおススメです

関連サイト:台湾祭

タイトルとURLをコピーしました