「東京建築祭」5月25日、26日初開催。中銀カプセルタワー、三井本館、築地本願寺など16の名建築を無料公開

東京建築祭アート・展示会
スポンサーリンク

東京建築祭

2024年5月25日(土)と5月26日(日)の2日間「東京建築祭」が初開催されます。
東京の名建築を見学して楽しむ、東京初の大規模建築公開イベント。

三井本館
三井本館

「東京建築祭」初年度の今年は『日本橋・京橋エリア』『丸の内・大手町・有楽町エリア』『銀座・築地エリア』の名建築を中心に展開。

築地本願寺や中銀カプセルタワービルを再活用して生まれたアートスペース「SHUTL」、三井本館、東京ステーションホテルなど、歴史的な近代の遺産、戦後に生まれたビル、先鋭的な現代建築など、16の名建築が無料で一般公開されます。

また、すでに受付は終了していますが、建築の設計者や使い手、専門家などによる多彩なガイドツアーも実施。
オンラインイベントや、書店でのブックフェアなども開催されます。

特別公開は無料・申込不要。
各施設によって公開時間が異なるほか、5月25日・26日以外に特別公開を実施する施設もありますので公式サイトを確認してからおでかけください。

実行委員会は、年に一度の建築のフェスティバルとして「東京建築祭」が広く親しまれるものになることを目指しています。

開催概要

名称:東京建築祭
日程:2024年5月25日(土)~5月26日(日)
場所:日本橋・京橋エリア、丸の内・大手町・有楽町エリア、銀座・築地エリア、その他

特別公開施設 (16件)

日本橋・京橋エリア

  • 三井本館
  • 日証館
  • 三越劇場
  • 丸石ビルディング
  • 江戸屋

丸の内・大手町・有楽町エリア

  • 堀ビル(goodoffice新橋)
  • 東京ステーションホテル
  • 明治生命館(丸の内 MY PLAZA)
  • 新東京ビルヂング
  • 国際ビルヂング

銀座・築地エリア

  • 築地本願寺
  • カトリック築地教会
  • 旧宮脇ビル(川崎ブランドデザインビルヂング)
  • SHUTL (中銀カプセルタワー カプセル再活用)
  • 井筒屋

その他

  • 安井建築設計事務所 東京事務所

関連サイト:東京建築祭

タイトルとURLをコピーしました