東京北区の王子稲荷神社で「凧市」開催。2020年は“初午”の2月9日と“二の午”の2月21日の2回

凧冬のイベント
スポンサーリンク

王子稲荷神社「凧市」

東京・北区の王子稲荷神社で江戸時代から続く「凧市」が開催されます。
「凧市」は、毎年2月の『午の日(うまのひ)』に催され、2020年は『初午(はつうま)』の2月9日(日)と『二の午(にのうま)』の2月21日(金)の2回行われます。
また、2月9日の初午の日は、王子稲荷神社の「初午祭」例祭日でもあります。

王子稲荷神社 凧市

「凧市」は、たびたび大火事に見舞われた江戸時代に、王子稲荷神社の奴凧を「火防の凧(ひぶせのたこ)」として受けたのが始まり。
熱風が大火につながることから、風を切って揚がる凧を火事除けのお守りにしたといわれています。

奴凧をまつると火難をまぬがれ、無病息災・商売繁盛にご利益があるとして、現在でもこの「火防の凧」を受けるために、2月の午の日に多くの人が王子稲荷神社を訪れます。

「火防の凧」は奴凧型の凧で、大きさはおよそ縦20センチ×横幅25センチ。
例年、1体1,400円で授与されています。

「凧市」当日は、王子稲荷神社の境内から旧参道沿いに数多くの屋台・露店が立ち並び、午前中から夜まで多くの人で賑わいます。

開催概要

名称:王子稲荷神社「凧市」
日程:[初午祭]2020年2月9日(日)、[二の午]2月21日(金)
時間:10:00~18:00頃
場所:王子稲荷神社 [地図:Google Map]
▼王子稲荷神社への交通アクセス
・JR「王子駅」徒歩10分
・東京メトロ南北線「王子駅」徒歩10分
・都電荒川線「王子駅前駅」徒歩18分

【祭事概要】
凧市
2020年2月9日、2月21日
王子稲荷神社
東京都北区岸町1-12-26
お祭り

タイトルとURLをコピーしました