ココス「ふわふわかき氷フェア」7月15日から開催。すいか・ピスタチオなど全7種類のかき氷が登場

ココス「ふわふわかき氷フェア」スイーツ
スポンサーリンク

ココス「ふわふわかき氷フェア」

2021年7月15日(木)から9月上旬まで、ファミリーレストランのココスで「ふわふわかき氷フェア」が開催されます。

同フェアには、“スイーツのようなかき氷”をコンセプトに、7種類のかき氷がラインナップ。
定番の『いちご』や『マンゴー』のほか、写真映え間違いなしの『すいか』や、人気の高い『ピスタチオ』、色鮮やかな『ぶどう』が新登場します。

ホイップやわたあめ、フルーツなどをあわせた「かき氷」に、別添えのフレーバーシロップやミルクシロップをかけると美味しさが引き立ちます。

すいかのふわふわかき氷(649円)」は、スイカ果汁入りシロップで赤色の果肉を、メロン果汁入りシロップで緑色のスイカの皮を、チョコパフで種を表現しています。
別添えのふわとろホイップをかけて味わいます。

ピスタチオ&チョコクリスピーのふわふわかき氷(649円)」は、香り豊かなピスタチシロップを使用。
チョコクリスピーが食感のアクセントになっています。

いちごのふわふわかき氷(649円)」は、みずみずしいイチゴの味わいに、ふわとろホイップとフローズンストロベリーを合わせています。

マンゴーのふわふわかき氷(649円)」のシロップには、マンゴーの王様とも呼ばれる『アルフォン ソマンゴー』を使用。
フローズンマンゴーとあわせて、マンゴー尽くしの濃厚で爽やかな甘さが楽しめます。

ぶどうとベリーのふわふわかき氷(649円)」は、深みのある味わいが特長のカベルネのシロップを使用。
フローズンミックスベリーの爽やかな酸味がぶどうの甘さを引き立てます。

宇治金時のふわふわかき氷(649円)」は、京都矢野園の香り高い宇治抹茶を使用。
ほろ苦く奥深い抹茶の味わいに、抹茶パウダー、白玉、ゆで小豆を添えて仕上げています。

コットンポップブルーのふわふわかき氷(649円)」は、わたあめの上からレモンシロップをかけると、パッションフルーツ味の青色のかき氷が紫色に変化します。
パチパチキャンディーの刺激的な食感も楽しめます。

また、食後のデザートにぴったりの「ミニいちごのふわふわかき氷」「ミニマンゴーのふわふわかき氷」「ミニぶどうとベリーのふわふわかき氷」「ミニ宇治金時のふわふわかき氷」も各429円で販売されます。
※価格はすべて税込表示。

感想・口コミ&写真

Twitterのリプライでいただいた、ココスの期間限定フェアに関する感想・口コミなどを掲載しています。

◎クイーンいちごパフェ、下に酸味のあるゼリーが入っていて、飽きずに食べられます

関連サイト:ココス

タイトルとURLをコピーしました