浅草寺「ほおずき市」7月9日、10日開催。涼やかな風鈴の音が響く四万六千日のご縁日

浅草寺 ほおずき市夏のイベント
スポンサーリンク

浅草寺 ほおずき市

2022年7月9日(土)と7月10日(日)の2日間、東京・台東区の浅草寺で「ほおずき市」が催されます。

浅草寺 ほおずき市

7月10日に浅草寺の観音さまにお参りすると、46,000日(約126年)も日参したのと同じご利益があるとされ「四万六千日(しまんろくせんにち)」のご縁日と呼ばれ、古くからこの日の参拝が盛んでした。

江戸時代には、7月10日に一番乗りで参拝したいという熱心な人が増え、前日の9日より参拝者で賑わうようになったため、7月9日と10日の両日が「四万六千日のご縁日」として広く知られるようになったとのこと。

浅草寺 ほおずき市

この「四万六千日」のご縁日にちなんで、7月9日と10日の両日に浅草寺では「ほおずき市」が開かれます。
もともと、東京・港区の愛宕神社ではじまった「ほおづき市」が浅草寺に波及して行われるようになり、今では浅草寺の「ほおずき市」の方が有名に。

「ほおずき市」の当日は、浅草寺境内に約100軒のほおずきを扱う露店が立ち並び、朝早くから夜遅くまで多くの人で賑わいます。
また、ほおずきの鉢につけられた江戸風鈴の涼しげな音色が、下町・浅草の夏祭りを彩ります。

浅草寺 ほおずき市

例年、ほおずきの価格は、風鈴とセットの「鉢植え」が一鉢2,500円前後。
「枝付ほおずき」は1,500円前後で販売されています。

そのほか「四万六千日」のご縁日の2日間に限り授与される黄色の掛け紙の祈祷札『黄札』や、竹串に挟んだ三角形の守護札『雷除札(かみなりよけふだ)』も人気があります。

開催概要

名称:浅草寺「四万六千日・ほおずき市」
日程:2022年7月9日(土)~7月10日(日)
時間:8:00~21:00頃
場所:浅草寺[地図:Google Map]
住所:東京都台東区浅草2-3-1
▼交通アクセス・最寄り駅
・東京メトロ銀座線「浅草駅」徒歩5分
・東武スカイツリーライン「浅草駅」徒歩5分
・都営地下鉄浅草線「浅草駅」徒歩7分
・つくばエクスプレス「浅草駅」徒歩5分

感想・口コミ&写真

Twitterのリプライでいただいた、浅草寺「ほおずき市」の感想・口コミなどを掲載しています。

◎沢山のほおずきと、祭りの賑わいと、風鈴の涼やかな音に包まれてステキでした

◎行ってきました

◎浅草寺のほおづき市行ってきました。御守り授かってきました。

◎沢山の鮮やかなほおずきの鉢と風鈴の涼やかな音がとても美しかったです

◎下町の夏の風物詩が目白押し

◎風鈴付きで売ってるお店が多くて、涼やかできれいでした!

◎すごい賑わっていて楽しかったです!

◎境内を彩るたくさんのほおずき。浅草寺との調和がとても素敵でした

◎お釣り貰いながら福が続きますよって言われて来ました

◎雷除けのお守りはほおずき市の2日限定ですので頂いてきました。

関連サイト:浅草寺

タイトルとURLをコピーしました