ゲストの選択によってストーリーの結末や演出効果が変化するアート系アトラクション「江戸東京あかり展」神田明神で開催中

神田明神の地下アート・展示会
スポンサーリンク

江戸東京あかり展 produced by 日本あかり博

2019年12月7日(土)から2020年2月9日(日)までの期間、東京・千代田区の神田明神文化交流館で「江戸東京あかり展 produced by 日本あかり博」が開催されています。

初開催となる同イベントには、日本全国から約40のクリエイターが集結。
「アート」「祭り」「デザイン」「職人」「テクノロジー」といった5つのジャンルが“あかり”を通じて1つになり、新たな世界が創り出されます。

江戸東京あかり展 produced by 日本あかり博

同展の最大の特徴は、アート展示にアトラクション要素を組み合わせた「アート系アトラクション」。
アート作品を鑑賞するだけでなく、案内役の演者やゲストによるアート作品への投げかけによってストーリーが展開していきます。

ゲストの選択によって「ストーリーの結末」や「みることのできる作品」「演出効果」が変化。
さらに、スタッフ達がストーリーテラーとして来場者をアトラクションの世界へ誘います。

江戸東京あかり展produced by 日本あかり博

また、ゲストの投げかけに「青森ねぶた」をはじめアナログな立体作品が呼応するなど“アナログ インタラクティブ”な体験ができるのも特徴の一つ。

アナログなアート作品にデジタル技術を融合するという既存のアート展覧会には無い取り組みにも挑戦しています。

江戸東京あかり展 produced by 日本あかり博

開催概要

名称:江戸東京あかり展 produced by 日本あかり博
期間:2019年12月7日(土)~2020年2月9日(日)
時間:[月~木]10:00~19:00、[金~日・祝]10:00~20:00 ※最終入場は閉場の30分前
場所:神田明神文化交流館 地下1階 EDOCCO STUDIO[地図:Google Map]
入場料:一般 1,500円、前売 1,300円、小中高校生1,000円、未就学児無料
▼交通アクセス・最寄駅
・JR、東京メトロ「御茶ノ水駅」徒歩5分
・JR、東京メトロ「秋葉原駅」徒歩7分
・東京メトロ「新御茶ノ水駅」徒歩5分
・東京メトロ「末広町駅」徒歩5分

展示作品紹介

神田明神の地下

神田明神の地下
神田明神の地下

薄暗い地下で美しい光を放つのは、アート集団「MIRRORBOWLER (ミラーボーラー)」の作品。
目線を変えて鑑賞することで、見え方が大きく変わる不思議な光の世界が入り口でゲストを迎えます。

異界の門

この世のものではない異界の世界へと誘う扉をアート作品で表現。
ネオンの光がこれから待ち受ける妖怪話の序章を語り出します。

若き吉良との出会い

若き吉良との出会い
若き吉良との出会い

ガラスに投影された水彩画のモーショングラフィック(若き吉良の姿)とゲストがリアルタイムで会話できるインタラクティブなアート。

百鬼夜行

百鬼夜行
百鬼夜行
百鬼夜行
百鬼夜行

足を踏み入れた先に待っているのが、さまざまなアーティストによって表現された百鬼夜行の世界。
切り絵作家や妖怪絵師の作品のほか、ガラスの中に圧倒されるような小さな宇宙を表現した作品など、百鬼夜行の行列に入り込んだ気分が楽しめます。

闇と疑いの回廊

闇と疑いの回廊
闇と疑いの回廊

こけし作家が創り出す可愛らしい妖怪こけしのいる回廊を行くと、クライマックスへ誘うアクターが待ち受けます。

決断の間

決断の間
決断の間

吉良上野介の怒りを、日本の伝統的な祭りの一つ「ねぶた祭」のねぶたで表現。
ストーリーも終盤を迎え、怒りから鬼の姿へと変わってしまった吉良との対面を果たすゲストたちは重大な決断を迫られます。
伝統を守りながら、音や光の様々な演出が取り入れられた作品です。

浮世の絶景

浮世の絶景
浮世の絶景

百鬼夜行や吉良の怨霊の騒ぎが収まり、あたりには静寂と美しく煌めく、あかりの世界が広がります。
「一葉式いけ花」による作品を中心に展示され、ゲストを温かく送り出します。

【イベント詳細】
江戸東京あかり展 produced by 日本あかり博
2019年12月7日-2020年2月9日
神田明神文化交流館 地下1階 EDOCCO STUDIO
東京都千代田区外神田2-16-2
公式サイト
展示会

タイトルとURLをコピーしました