100種類以上のご当地中華まんが集まる「中華まん博覧会」越谷イオンレイクタウンで1月25日~2月3日まで

中華まん博覧会 越谷イオンレイクタウン食のイベント
スポンサーリンク

中華まん博覧会2020

2020年1月25日(土)から2月3日(月)までの10日間、埼玉県越谷市のイオンレイクタウンで、全国各地のご当地中華まんが集まる「中華まん博覧会2020」が開催されます。
同イベントは、1月25日の『中華まんの日』にちなんで行われているもので、今回で7回目。

中華まん博覧会 越谷イオンレイクタウン

越谷レイクタウンの「中華まん博覧会」に出品されるのは、横浜・神戸・長崎の中華街の中華まんをはじめ、全国各地の名産品・特産品を使用したご当地中華まんなど100種類以上。

横浜中華街からは、かわいい見た目の「パンダまん」や、贅沢な「大海老フカヒレまん」が。
神戸南京町からは「貝柱入り豚まん」、長崎中華街からは「角煮包」が取り揃えられて、各中華街の人気の味を食べ比べることができます。

また、北海道からは、ジンギスカン、じゃがバター、とうもろこし、ザンギ、鮭のちゃんちゃん焼き、室蘭カレーラーメンなどを包んだ中華まんが登場。

宮城の「牛たん」や、山形の「いも煮」、栃木の「餃子」、長野の「わさび」。
静岡の「キンメ煮付」、愛知の「八丁味噌」、京都の「宇治抹茶」、広島の「牡蠣」。
福岡の「明太子」、熊本の「馬肉」、沖縄の「タコライス」といったご当地名物を具材にした中華まんも並びます。

さらに、松阪牛、神戸ビーフ、近江牛、米沢牛といったブランド牛を使用した贅沢な中華まんも必食。

鹿児島の「黒ぶた侍」や、横浜中華街の「元祖パンダまん」、島根の「いのっち」、埼玉越谷の「ガーヤちゃんまん」などのかわいいキャラクターをかたどった中華まんは、人気が高いので早めの購入がオススメです。

会場では、その場でアツアツの中華まんを楽しむだけでなく、冷蔵・冷凍品のお土産販売も行われます。
各地の個性的な中華まんを味わいに「中華まん博覧会」に出かけてみてはいかがでしょうか。

開催概要

名称:中華まん博覧会2020
日程:2020年1月25日(土)~2月3日(月)
時間:11:00~19:00 ※最終日2月3日(月)は16:00まで
場所:イオンレイクタウン mori 1階 水の広場 [地図:Google Map]

中華まん博覧会 越谷イオンレイクタウン

【イベント詳細】
中華まん博覧会2020
2020年1月25日-2月3日
イオンレイクタウン mori 1階 水の広場
埼玉県越谷市レイクタウン3-1-1
公式サイト
フードフェス

タイトルとURLをコピーしました