日本最大級の古書市「国際稀覯本(きこうぼん)フェア」有楽町で3月20日~22日まで。2億円の洋書や戦国武将の書状、浮世絵など約5000点の即売会

国際稀覯(きこう)本フェアショッピング
スポンサーリンク

国際稀覯本(きこうぼん)フェア2020

2020年3月20日(金)から3月22日(日)までの3日間、東京・有楽町の東京交通会館で、日本最大級の古書市「国際稀覯本(きこうぼん)フェア2020」が開催されます。

同フェアには、日本国内の古書店はもちろん、ニューヨークやヨーロッパ等の海外の書店からも古書・古地図・美術画・浮世絵などが集結。
31書店・約5,000点の古書が会場に並びます。

今回最高価格となるのは、コペルニクスが地動説を主張した著書『天体の回転について』。
販売価格は2億1800万円。

また、織田信長・武田信玄・豊臣秀吉ら25通の書状がまとめて手鑑(てかがみ)となった『雲烟林』は1億2000万円。

そのほか、葛飾北斎の画『みやことり』など歴史的価値も高い希少な古書から、1円玉サイズの豆本『かちかち山』、小泉八雲が江戸時代にタピオカドリンクのレシピを載せたレシピ集『クレオール料理』、妖怪画の巨匠・鳥山石燕による妖怪図鑑『画図百器徒然袋』、大正期の超能力実験本『透視と念写』などの珍書にいたるまで、本好きにはたまらない古書が取り揃えられます。

「国際稀覯本フェア」は入場無料。
希少な古書を眺めて買える古書市にでかけてみてはいかがでしょうか。

開催概要

名称:ABAJ国際稀覯本フェア2020 ―日本の古書世界の古書―
日程:2020年3月20日(金)~3月22日(日)
時間:20日(金祝)12:00~19:00、21日(土)10:00~18:00、22日(日)10:00~16:00
場所:東京交通会館 12階 カトレアサロン [地図:Google Map]
入場:無料
▼交通アクセス・最寄り駅
・JR「有楽町駅」徒歩1分
・東京メトロ「有楽町駅」・「銀座一丁目駅」徒歩1分
・東京メトロ「銀座駅」徒歩3分

主な出品古書

  • 「天体の回転について」コペルニクス著 218,000,000円
    1543年に出版されたニコラウス・コペルニクスの地動説を主張した著書。
  • 「雲烟林」作者不明 120,000,000円
    織田信長・武田信玄・豊臣秀吉・加藤清正・福島正則・足利義満・北条義時ら25の書状がまとめて手鑑になっている。
  • 「みやことり」葛飾北斎画 8,000,000円
    日本に唯一残存する「みやことり」。ゴンクールの識語がフランス語で付いている。
  • 「かちかち山」作者・刊行者不詳 71,501円
    日本の民話で最も有名な昔話の1円玉サイズの豆本。
  • 「クレオール料理」ラフカディオ・ハーン著 440,000円
    小泉八雲が江戸時代に出版したレシピ集。ザリガニのビスクや牡蠣のパイでつくる「タピオカミルク」等のレシピを掲載。
  • 「画図百器徒然袋」鳥山石燕画 2,400,000円
    妖怪画の巨匠による、49種の妖怪が描かれた妖怪図鑑。
  • 「透視と念写」福来友吉著 220,000円
    帝大助教授だった著者の超能力実験の詳細を解説。被験者の1人・高橋貞子はホラー映画『リング』のモデル。
  • 「百万塔および自心印陀羅尼」作者不詳 2,750,000円
    世界最古の印刷物。奈良時代に100万の小塔に納めて、仏教寺院に奉納された陀羅尼。
  • 「織田信長黒印状」6,500,000円
    織田信長が蒲生氏郷に宛てた書状。天下布武の印が刻まれている。
  • 「閑愁録」長岡謙吉著 330,000円
    海援隊最初の出版物で、坂本龍馬が存命中に出版された唯一の書。
  • 「伊曽保物語」著者不明 7,150,000円
    江戸時代初期の古活字版の『イソップ物語』。明治43年の日英博覧会に出展。
  • 「機巧図彙」細川頼直 2,420,000円
    からくり人形の造り方や構造を図解と共に解説した書。全3冊。
  • 「新装美人絵づくし」菱川師宜画 1,980,000円
    江戸時代の美人たちを全3冊に渡り解説と共に描いている画集。
  • 「ジョンソン英語辞典」1,650,000円
    歴史的・語学的観点に立った初めての英語辞典。1755年刊行の初版本。
  • 「42行聖書零葉」グーテンベルグ刊 9,350,000円
    グーテンベルグが活版印刷技術を用いて印刷した西洋初の印刷聖書。その書を一頁ずつ分割したうちの一片。
国際稀覯(きこう)本フェア

【イベント詳細】
ABAJ国際稀覯本フェア2020 ―日本の古書世界の古書―
2020年3月20日-3月22日
東京交通会館
東京都千代田区有楽町2-10-1
公式サイト
古書フェア

タイトルとURLをコピーしました