東京ステーションギャラリーで「ハリー・ポッターと魔法の歴史」展 12月18日~3月27日開催

ハリー・ポッターと魔法の歴史展アート・展示会
スポンサーリンク

「ハリー・ポッターと魔法の歴史」展

2021年12月18日(土)から2022年3月27日(日)まで、東京ステーションギャラリー(東京都千代田区)で「ハリー・ポッターと魔法の歴史」展が開催されます。

ハリー・ポッターと魔法の歴史展

現代のファンタジー文学として、世界的な人気を誇る「ハリー・ポッター」シリーズ。
その物語の背景には、イギリスをはじめ世界各国に伝わる魔法や呪文、占いなどが数多く存在します。

科学が発達していなかった時代、薬草による治療や占星術による占いは魔法のように考えられていて、かつての書物をひも解くと、そこには当時の人々が信じた魔法や魔術の記録が残されています。

ハリー・ポッターと魔法の歴史展

同展では、ロンドン・大英図書館が誇るコレクションから貴重な資料を選び抜き、科学が発達していなかった時代の人々が信じた魔法や魔術の記録を紹介。
また、J.K.ローリング自身が所有する直筆原稿やスケッチなどの資料も展示されます。

会場は、薬草学、錬金術、呪文学、占い学、魔法生物飼育学、闇の魔術に対する防衛術などの10章で構成。
ハリーが通ったホグワーツ魔法学校のカリキュラムに沿って展示が展開されます。

開催概要

名称:「ハリー・ポッターと魔法の歴史」展
日程:2021年12月18日(土)から2022年3月27日(日)
時間:10:00~18:00(金・土曜日は20:00まで) ※入場は閉館の30分前まで
会場:東京ステーションギャラリー
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1
休館日:月曜日、12月29日(水)~1月1日(土・祝)、1月11日(火)
※1月10日(月・祝)、3月21日(月・祝)は開館

入館料

  • 一般:2,500円
  • 高校・大学生:1,500円
  • 小・中学生:500円

※チケットは日時指定の事前購入制。
※チケット販売期間は2021年11月29日(月)10:00~2022年3月27日(日)17:00まで。

関連サイト:「ハリー・ポッターと魔法の歴史」展

タイトルとURLをコピーしました