横浜赤レンガ倉庫で、本場ドイツの雰囲気を感じられる「クリスマスマーケット」11/22~12/25まで開催

横浜赤レンガ倉庫クリスマスマーケット冬のイベント
スポンサーリンク

クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫 2019

2019年11月22日(金)から12月25日(水)までの期間、横浜赤レンガ倉庫 (神奈川県横浜市中区)で「クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫」が開催されます。
横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケットは、今年で10回目の開催。

今年は、多種多様なマーケットが特徴のドイツ・ニュルンベルクのクリスマスマーケットがモチーフ。

イベント広場は「ドイツ肉料理&グリューワイン」をコンセプトに、ニュルンベルク名物ニュルンベルガーソーセージ、牛肉のグラーッシュ(ビーフシチュー)、アイスバインなどの伝統料理や、クリスマスに欠かせないグリューワイン34種類が販売されます。

会場の装飾は、ニュルンベルクと同様にヒュッテの屋根を赤白ストライプに統一。
クリスマス飾りとして用いられるガーランドの装飾や、本場から輸入したヒュッテの上の屋根人形飾りも用いて本場の世界観が演出されます。

一方、会場海側の赤レンガパークは「シーフード&シャンパン」をコンセプトに、ガーリックシュリンプや魚介のスープが提供され、シーフードに合うシャンパンが約20種類並ぶ、大人な空間が広がります。
デコレーションもイルミネーションの光やシンプルな装飾で行われ、ロマンティックな雰囲気が漂います。

さらに、会場奥の海側には、高さ約10メートルの本物のモミの木を使用したクリスマスツリーを設置。
無数のライトがついたイルミネーションルーフがシンボルツリーに向けて飾られ、光のトンネルが会場に華を添えます。

ヒュッテでは、アドヴェント期間に食べるドイツの伝統的なお菓子『シュトレン』や、マグカップ、スノーグローブといったクリスマス雑貨・ドイツ雑貨を販売。

サンタクロースがプレゼントを配布したり、記念撮影などを行うグリーティング企画、クリスマス音楽の生演奏などが会場のクリスマスムードを盛り上げます。

ドイツ・ニュルンベルクのクリスマスマーケットを訪れた気分で、クリスマスのショッピングやお食事を楽しんでみてはいかがでしょうか。

なお、2019年11月30日(土)~2020年2月16日(日)まで、となりの会場で冬季限定の野外スケート場「アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫」がオープンします。

開催概要

名称:クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫
日程:2019年11月22日(金)~12月25日(水)
時間:[11月23日(土)~12月13日(金)]
   11:00~21:00 /ライトアップ 16:00~21:00
   [12月14日(土)~12月25日(水)]
   11:00~22:00 /ライトアップ 16:00~22:00
   ※ラストオーダーは営業終了時間の30分前
場所:横浜赤レンガ倉庫 イベント広場、赤レンガパーク [地図:Google Map]
入場:無料(飲食・物販代は別途)
※荒天の場合、休業することがあります
▼交通アクセス・最寄り駅
・みなとみらい線「馬車道駅」徒歩6分
・みなとみらい線「日本大通り駅」徒歩6分
・JR、市営地下鉄 「桜木町駅」徒歩約15分
・JR、市営地下鉄 「関内駅」徒歩約15分

感想・口コミ&写真

Twitterのリプライでいただいた「クリスマスマーケットin横浜赤レンガ」の感想・口コミなどを掲載しています。

【イベント詳細】
クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫
2019年11月22日-12月25日
横浜・赤レンガ倉庫 イベント広場
神奈川県横浜市中区新港1-1
公式サイト
イルミネーション

タイトルとURLをコピーしました