【休校支援】光文社古典新訳文庫から『ナルニア国物語』『初恋』『デーミアン』など5タイトル無料公開。4月30日まで延長

光文社古典新訳文庫 無料公開支援・復興
スポンサーリンク

「光文社古典新訳文庫」5タイトル無料公開

2020年3月23日(月)から4月30日(木)まで、株式会社光文社は、中学・高校生に人気の高い「光文社古典新訳文庫」の電子書籍を、読書情報サイト「本がすき。」で無料公開しています。
当初4月5日(日)までの予定で行われていましたが、新型コロナウイルス感染症拡大により休校や施設の閉鎖が継続していることを受けて期間を延長して実施されます。

公開されているのは『読書について』(ショーペンハウアー)、『初恋』(トゥルゲーネフ)、『デーミアン』(ヘルマン・ヘッセ)、『1ドルの価値/賢者の贈り物 他21編』(O・ヘンリー)、『魔術師のおい ナルニア国物語1』(C・S・ルイス)の全5タイトル。

哲学者ショーペンハウアーならではの人生哲学と深いヒューマニズムに基づく『読書について』や、ナルニア国物語最初の冒険を描いた『魔術師のおい ナルニア国物語』、ロシアの小説家・トゥルゲーネフの自伝的中編『初恋』など読み応えのある本が取り揃えられています。

同社は「多くの人に様々な影響が出ている大変な時期ですが、こんな時期だからこそ、古典作品の持つ楽しさを、若い読者の皆さんに再認識していただければ」とコメントしています。
利用してみてはいかがでしょうか。

読書情報サイト「本がすき。」はこちらから。

光文社古典新訳文庫 無料公開作品

  • 『読書について』(ショーペンハウアー)
  • 『初恋』(トゥルゲーネフ)
  • 『デーミアン』(ヘッセ)
  • 『1ドルの価値/賢者の贈り物 他21編』(O・ヘンリー)
  • 『魔術師のおい ナルニア国物語1』(C・S・ルイス)
タイトルとURLをコピーしました